最良の出会いが生んだ、最良の住まい

掛川市 Y様邸

注文住宅

ご家族のご紹介

長野県出身のご主人と地元出身の奥様、そして娘さんの3人家族のY様。元球児のご主人はゴルフ、奥様はダイビングやスノボと共にアクティブな趣味をお持ちで、出会いのきっかけもスポーツだったそう。でも新居が完成してからは、インドアで過ごす週末が増えつつあるようです。
 
  • 家族構成(取材当時)…ご夫婦・子ども1人
  • 取材日…2018年8月

家づくりは製品の魅力だけにあらず。契約寸前でわかった大切なこと

この家を建てようと思ったきっかけ

妻の出産を機に、子どもを落ち着いた環境で育ててあげたいと思ったのが、家が欲しいと思い始めたきっかけですね。ただ、そのころは「将来は持ち家が欲しいね」と夫婦で話をする程度で、早くても2~3年以内に具体的な計画が進めばいいかな、という感覚だったと思います。ちょうど私の姉が同時期に新居を検討していたこともあって、住まいについて相談してみたり、住宅展示場に出掛けてみたり。そんなのんびりした家づくりのスタートでした。
ところがいろいろ見ているうちに、ハウスメーカーごとの特色や、さまざまな機能、仕様があることがわかってきて、がぜん興味がわいてきたんです。私の好み、妻の好みも明確になってきて、「こんな家が欲しい」という具体的なイメージもできてきました。そこで、どうせいつか建てるのなら早いほうがいいんじゃないかという思いもあって、本格的に土地探しとハウスメーカー選びを始めました。

遠鉄ホームを選んだ理由

実は、遠鉄ホームと出会う前に、別のハウスメーカーと契約寸前まで行ったんです。そこも木造住宅を得意とするメーカーなのですが、鉄骨住宅と木造住宅の違いを聞いているうちにとんとん拍子に話が進んで、かなり具体的なプランも出来上がっていました。ただ、少し営業さんのペースが強引というか、こちらの希望を十分に聞こうとしてくれないところがあって、なんとなく型にはめられているというか、そのハウスメーカーの都合の内側で妥協しながら家を建てるような雰囲気になってきたんです。そこで思い切っていったん白紙に戻し、もう一度土地探しから始めた時に出会ったのが遠鉄ホームでした。
もともと妻の友人からの紹介ということもあったのですが、担当してくれた営業さんがとてもいい方で、何というか、私たち夫婦とウマが合うんですね。特に、どちらかというと引っ込み思案な妻が、気軽にいろいろなことを相談できている。これは大きなポイントでした。私も営業職なので自戒を込めて言いますが、営業で大切なのは、お客様の話をどれだけ聞けるかということ。それはウンウンとお客様の話をただ聞いてればいいというのではなく、お客様が話しやすい雰囲気づくり、何でも話せる関係づくりをして、ホンネを語っていただくということなんですね。それができる営業は、お客様の満足度も高い。だから妻とのやり取りを見ていて、この人ならきっといい家づくりをサポートしてくれそうだと確信しました。

建ててみてわかった、価格をしのぐ高品質

家づくりで印象に残った思い出は?

遠鉄ホームの家づくりで良かったのは、ある程度ベースプランができているということです。私たちの場合は、選択肢がありすぎるとこだわりが強くなって、絶対に決め切れなくなってしまいますから(笑)。それでもベースのプランからは、いろいろと変更してもらいました。中でも一番大きかったのは、LDKの間取りを変更してもらったことですね。モデルハウスなどいろいろな住まいを見るうちに、私たちの中ではキッチンからダイニング、リビング、玄関と一直線に伸びる家というのがひとつの憧れになっていたのですが、実際にそんな間取りにしようと思うとかなり細長い家にするか、相当大面積の家づくりをするしかありません。そこで遠鉄ホームの設計士さんは、キッチンとダイニングを並行に設置したり、玄関とリビングの位置関係を絶妙に調整したりして、キッチンから玄関まで視線の通る間取りを考えてくれました。LDKを中心に家族やお客様が集う家にしたかったので、とても満足しています。

実際に住んでみていかがですか?​

建てて、住んでみて思うのは、遠鉄の家はコストパフォーマンスが高いということです。先ほど述べた通り、いろいろなハウスメーカーを見学して、一軒に至っては契約間際までいったおかげで、だいたいの相場観といいますか、これくらいの性能・品質ならこれくらいの価格という基準が自分の中にできています。それに照らし合わせると、遠鉄ホームは高い品質に対して価格の魅力が大きいんですね。最初に建てようとしていた、某全国展開のハウスメーカーの家とこの家は、間取りや品質にはそれほど差がないのですが、価格で比べると数百万という違いがあります。安かろう悪かろうではないことはモデルハウスなどを見学して確かめていますし、こうして住み始めてからも不満は感じませんから、この価格差は少々驚きでしたね。
実際にはこれから10年、20年とたつ中でアフターサービスも含めた住まいの価値を確かめていくことになると思いますが、現時点では大いに満足しています。

これから家づくりをする人へ

振り返ると、本当に人に恵まれた家づくりだったなと思います。遠鉄ホームにお願いするきっかけとなった営業さんとの出会い、難問を巧みなアイデアと抜群のセンスで解決してくれた設計士さん、家に対する満足度をさらに高めてくれたインテリアコーディネーターさん。悩むことも少なくなかったはずなのに、楽しい家づくりの思い出ばかりなのはそんな皆さんのおかげだと思います。妻の出産を挟んだため約半年と長丁場にお付き合いいただきましたが、家が完成した時、喜びの陰で彼らにもう会えなくなるのかと思って一抹の寂しさを感じたほどです。
今は、一定以上の水準のメーカーなら、どこでも性能は横並びに近いと思います。そこで違いを感じさせてくれるのは、こうした人と人の触れ合いや、ずっと見守ってもらっているという安心感なのかもしれませんね。

こんなお客様の声も届いています