未来の暮らしを描く家

磐田市 S様邸

注文住宅

ご家族のご紹介

取材当日も、リビングにずっと笑い声が響いていたS様一家は、ご夫婦と元気なお嬢さん2人の4人家族。お話を伺ったご主人は、建設関係のお仕事をされているだけに、これから家づくりをされる方にとって参考になるお話がたくさん詰まっています。

  • 家族構成(取材当時)…夫婦・子ども2人
  • 取材日…2017年3月22日

土地探しから始めた家づくり

家を建てようと思ったきっかけ

子どもが幼稚園に通う年齢になって、将来の通学や近所の遊び友達といった環境を整えてあげたいと思ったことが一番のきっかけです。ですから、最初に始めたのは「土地探し」でした。建物の価値は後からつくれますが、土地の価値は動かしようがありません。「ブライトスクエア見付美登里町」は、通学・通勤・毎日の買い物と家族みんなが満足できるロケーションで、この土地に出会ったことから、わが家の家づくりは本格的に動き出したんです。

遠鉄ホームを選んだ理由

当時、「ブライトスクエア見付美登里町」は、再開発のための造成が終わった直後で、住んでいる人どころか着工している家すらもありませんでした。そんな状態でもこの土地に価値を見出せたのは、ひとえに営業担当の鈴木さんのおかげです。隣接する商業地域にえんてつストアができることは知っていましたが、その他にもこんなテナントが入る予定といった一般に公開されていない情報や、年齢や家族構成が似通ってくるので子育てやご近所付き合いが楽といったお話を通じて、未来の暮らしのイメージや夢を広げてくれたのです。土地の良さと、その良さに気付かせてくれた鈴木さんの熱意。そのどちらかがなかったら、この家は生まれなかったかもしれませんね。

50代になっても愛せるわが家を目指して

家づくりでこだわった点は?

仕事柄、建物の性能はちゃんとしたメーカーなら心配する必要はないと考えていましたので、こだわったのは「50代になっても愛せるわが家」を作ることでした。30代の今と50代では好みも暮らしぶりも違うはずなので、装飾はなるべく抑えて内観も外観もシンプルを目指すとともに、リビングや居室の仕切りをなくしてフレキシブルな設計にしています。ちょうど掛川で見学した遠鉄ホームのモデル邸に理想に近いものがあったので、住み心地を確かめながら住まいづくりができたのは助かりましたね。

実際に住んでみていかがですか?

家族がお互いの気配を感じながら暮らせる家にしたかったので、LDKを中心にした間取りを選んだことは大正解でした。リビングを見渡せるダイニングの奥の席は私の、その隣のキッチンは妻の一番のお気に入りです。またこの家に移る前の一時期、家族で古い一戸建てに住んでいたのですが、断熱性能は驚くほど差を感じますね。各部屋にエアコンを設置したのですが、家族がだいたい一緒の部屋にいることもあって、稼働しているのは1台だけ。うれしい誤算ですね。
そして何より、この土地を選んだことが、想像以上に生活に変化をもたらしてくれました。通勤や買い物が便利になったぶん家族で過ごす時間が増えましたし、娘たちもそれぞれ同い年の友だちがたくさんできて、以前より活発になったように思います。上の娘は今春から小学校に上がりますが、一緒に通学してくれるお姉さんもいて、親としては本当に安心です。

これから家づくりをする人へ

私たちのように土地探しから始める人は、土地選びには妥協しないことをおすすめします。住まいの価値は古くなれば下がっていくものですが、土地の価値はそうではありませんので、いい土地を選ぶことは将来的にもメリットが大きいと思います。実はわが家も建物の予算を若干土地に回したのですが、土地も建物も遠鉄ホームだったので、いろいろと相談に乗ってもらえて助かりました。

こんなお客様の声も届いています