圧倒的!eストロング工法

コーチパネルと金物工法を組み合わせ、高い耐震性能を実現。
万一の災害から大切な家族や財産を守ります。
コーチパネル
繰り返し来る余震にも耐える、圧倒的な強さ
実際にどの程度の地震に耐えうるのか、過去に起きた熊本地震での揺れをもとに、ウォールスタット(※)にて
「eストロング工法」の耐震シミュレーションを行いました。まずは動画をご覧ください。
※wallstatは木造軸組構法住宅を対象とする数値解析ソフトウエアです。
京都大学生存圏研究所、国土交通省国土技術政策総合研究所、国立研究開発法人建築研究所、東京大学大学院での開発者の研究成果を元に製作しております。
やさしさ、未来基準。Brightなら安心

繰り返しくる余震にも対応

コーチパネルは繰り返しの余震でも耐力が落ちません!

現在の建築基準法では足りない…

現在の建築基準法では「震度6強の地震1回に対して傾きはしても倒壊しないこと」。この基準は地震などの災害時にとにかく人が避難して身の安全が守られれば良いということです。地震の後も変わらずその家で暮らし続けることや、何度も繰り返し襲ってくる余震は想定されていない基準ともいえます。
建築基準を満たしている新築住宅だからといって安心とは言い切れません!「耐震」と「繰り返す地震に対する強さ」は別定義だと考えることが必要です!
振動実験での耐力壁の剛性低下率
振動実験での耐力壁の剛性低下率

構造体と一体化した頑丈な壁

耐震性能+工場での枠材加工で隙間なく断熱材を充填。
接着剤を使用することなくパネル化しています。


 

強さの秘密は力の分散!

「コーチパネル」は、面材、断熱材、間柱、枠材が一体化したパネル。
力を分散させるモノコック構造で高い強度を誇ります。
CAD/CAMで生産することにより、高精度で高品質な製品を実現。
設計通りの強度を保ち、大切な家族と家を守ります。

強さは工場で作る

工場製品だから安心の一定品質

安定品質の保証、生産性向上を目指し、コーチパネルは工場生産を行っています。CAD/CAM連動の設備で、顧客ニーズにあったパネルを一枚ずつ生産します。
設計営業部

個体差のない工業製品

設計通りの強さ

人の手でつくると、どうしても生まれてしまうわずかな誤差。これが耐震性を下げる原因になります。
自社工場で生産することで、設計通りの強さを持った安定した品質のパネルをつくり出すことができます。
1/10㎜単位の精度で面材を切断
1/10㎜単位の精度で面材を切断
フレーミングマシンによる正確な枠の組立て
フレーミングマシンによる正確な枠の組立て
自動釘打機により壁倍率を確実に実現
自動釘打機により壁倍率を確実に実現
金物工法

木材の欠損部が極めて小さく、高い接合強度

金物工法は、従来の木造仕口・継手を金物接合に置き換えて構造を緊結する工法です。従来の木造軸組工法に比べ、木材の接合部の断面欠損は約1/4。断面欠損を最小限に抑えられるので、約1.5倍の接合強度を実現。公的機関による科学的な強度試験で、安全性を実証しています。