“お弁当をもって行きたくなる街?”

子どもと一緒にお散歩レポ♪そして、どうしても気になっていた「1つ」のこと_中編

思いっきり遊びまわれる公園!「可睡の杜公園」

公園に到着した子どもたちの第一声は
「広―――い!!」。

「可睡の杜公園」は2つのエリアに分かれています。
1つは、ボール遊びでも鬼ごっこでも、なんでも思いっきりできてしまいそうな、本当に広々とした芝生広場。
もう1つは、遊具のある広場。
さっきまで「お腹すいた~」「早くお弁当食べようよ~」と言っていた子どもたちも、
公園に着いたとたん、遊具に一目散!

そして芝生広場を走り回る。ちょうちょを追いかける。

あれぇ?お腹すいてたんじゃなかったのかな。笑

でも、こんな広々とした公園を見たら、とりあえず遊ばずにはいられないよね。

「分譲地の中にある公園」というと、そこに住む子どもたちが遊べるように、分譲地のすみの方に“ちょこっと”作ってくれてあるようなイメージでしたが、
「可睡の杜公園」は想像以上の大スケール!

↓いっぱい遊んだあとのおにぎりは格別だね

街の中に公園が4つもある!

『可睡の杜』の中には、「可睡の杜公園」以外にも3つ、計4つの公園があります。
 
遊具の楽しい公園から、見晴らしのいいのどかな公園まで、大きさも雰囲気も様々。
 
近所にこんなにたくさんの公園があるなんて、うらやましいなぁ!
次回の更新は2018年9月18日(火)を予定しております。

ご覧のブラウザでは当ウェブサイトを適切に表示できない可能性があります。恐れ入りますが、最新のGoogle Chromeでご覧ください。

Google Chromeからご覧になる場合には、ここをクリックしてください。