自然災害に強く、安全・安心の好立地

災害マップ

可睡の杜は、可睡斎のある山からなだらかに続く丘陵地にあります。
このエリアは袋井市の中でも比較的強固な地盤で知られ、大地震の際の液状化現象や、豪雨における浸水被害が少ないと想定されています。

安全な暮らしを美しい景観とともに守る「道路計画」

「可睡の杜」では安全性と景観に配慮した道路計画がなされています。緩やかなカーブを描いて街を南北に走るメインストリートは車道幅を14m、両サイドの歩道を3.5mとゆったり確保。また、景観に配慮して電柱を埋没させてあります。住宅ゾーン内の道路は歩行者の安全と穏やかな暮らしを守るため、不必要な車の進入を防ぎスピードを抑制できるよう工夫されています。

ご覧のブラウザでは当ウェブサイトを適切に表示できない可能性があります。恐れ入りますが、最新のGoogle Chromeでご覧ください。

Google Chromeからご覧になる場合には、ここをクリックしてください。