ますますお得!太陽光発電システム

もう売電単価にまどわされない!
一層お得になった太陽光発電システムで、新時代の創エネ生活

太陽光発電システムをお悩みのお客様から、ほぼ必ず質問されることがあります。それは、「本当にモトが取れるの?」という、売電価格と初期投資の収支についてのご質問です。確かに、売電単価が下がったことにより、売電収入は減っているのが現実です。しかし、それ以上に太陽光発電システムの導入費用が下がっているため、投資額の回収期間はむしろ短くなっているのです。
また売電だけが太陽光発電システムのメリットではありません。電力会社から買い取る電気を減らすことによる節約効果は、固定買取価格期間が終了した後もずっと続きます。
国のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス政策によって、再び大きな注目を集めている太陽光発電システム。遠鉄ホームは自信を持って、太陽光による創エネ生活をおすすめします。

Q.太陽光発電は本当にまだお得なの?

A.お得です!

確かに売電単価は下がっている

ただしシステム費用も下がっている

その結果は…
2012年システム費用 204万円 ÷ 売電収入+節約電気料金 21.6万円 = 投資回収期間 9.5
2018年システム費用 108万円 ÷ 売電収入+節約電気料金 14.0万円 = 投資回収期間 7.7
※当社お見積り価格(システム費用は工事費別途、消費税込み)
※2012年は京セラ4.875kW、2018年はQセルズ4.80kWで試算(条件:屋根勾配1.5寸、方角:南向き、設置場所:浜松市、年間発電量:5,794kWh ※あくまでも参考値)
※売電収入は、2012年は単価26円、2018年は単価24円にて計算
投資回収期間は6年前に比べて、1.8年短くなっています!

Q.固定買取価格期間後は、してしまうのでは?
11年目以降の売電価格の予想 …
11円/kWh(卸電力価格相当)調達価格等算定委員会(平成28年2月22日)

A.11年目以降利益は出ます!

しかも、電気料金は年々上がり続けています。

電気代が値上がりするほど、太陽光発電で節約できます。

電気代が値上がりし続けてもまだ支払い続けますか?
電気は「買う」時代から「自分でつくる」時代へ
住まいは「省エネ」時代から「創エネ」時代へ
太陽光発電システム標準搭載の注文住宅「ブライト-S ZEH」
太陽光発電システム工事費込みで
30坪タイプ 1,570万円~
 

太陽光発電システムについてのご相談は、浜松住宅プラザ・浜松住宅展示場・掛川住宅プラザへ!