フラット設計で家事ラクラク新世代の平屋住宅に注目

セカンドライフを見据えて。平屋で始めるシンプルな暮らし
核家族化、高齢化が進むにつれ、住まいのカタチが変化している。少人数世帯に合わせたミニマムな居住空間、階段や段差がないフラット設計、家事労働を軽減する工夫など、時代のニーズが新しい平屋を生み出した。広い敷地ではなくても快適な平屋をかなえることは可能。遠鉄ホームが提案する平屋住宅のキーワードは「シンプル」と「安心感」。セカンドライフを見据え、平屋での暮らしをイメージしよう。

出典:不動産だより「住まいづくりリポート」

水平移動で毎日がラクラク! 安全安心な理想の住宅、それが平屋

子どもが独立して夫婦二人暮らしになったA子さん。 LDKと寝室、書斎があればそれで十分と、これまで住んでいた狭小地の二階建てからゆとりのある平屋へ引っ越した。 まだ50代の若さだが、畳んだ洗濯物を両手に抱えて階段を上り下りするのは大変。2階の掃除まで手が回らないこともしばしばだった。平屋で暮らし始めてから、A子さんの日常は一変した。 玄関からLDK、寝室、洗面室までモップをスイスイ滑らせるだけで掃除がいとも簡単に済んでしまう。 スムーズな動線が家事を助け、のんびり過ごせる余暇時間が増えた。
一人暮らしをしていた義母と同居することになったB子さんも迷わず平屋を選んだ。 足腰が弱い義母のためだけでなく、いずれ自分たち夫婦も階段の上り下りに難儀する年齢になる。 そうなってからリフォームするよりも、今のうちから備えておく方が得策と考えた。 家族全員が同じフロアで寝起きすれば声をかけやすく、ほどよい距離感を保ちながら互いを気遣える。
また、平屋が理想だが広い敷地がないと無理と考える人も多いだろう。 しかし、設計を工夫すれば50~60坪の敷地にゆとりを持って建てることができる。 また、土地を購入して平屋を計画すると総額が膨らんでしまうが、分譲住宅なら予算内で実現可能。最近ではコンパクトで高性能な平屋の分譲住宅が登場している。
カウンター・ダイニング

廊下を省き、居住空間に充てる。 終の棲家に平屋を選ぶ人が増加

階段が占める面積は意外に大きい。階段そのものだけでなく、上下階の取付口にはホールが必要であるほか、階段下の有効活用に頭を悩ませた挙句、収納スペースにする場合がほとんどだ。 これに対して平屋は階段がないのでホールや廊下を居住空間に充てることができる。 また、水廻りを一ヵ所に集めて家事動線をスムーズにするのはもちろんだが、炊事と洗濯は直結できても、掃除や日常生活まで効率化するのは2階建てでは難しい。 フラットな平屋なら一筆書きでモップをかけることができ、お掃除ロボットも段差に立ち往生することがない。 さらにメンテナンスがしやすく、維持費の節約にもつながる。
平屋を検討する年齢層は50代も多い。 賃貸住宅に住み続けて買い時を逃してしまった人や子どもが独立して夫婦暮らしとなった人が終の棲家を考え始めるからだ。 家族構成、ライフスタイルが以前とは変わり、これからは自分の時間を大切にしながら暮らしていくことになる。 住まい選びにおいても、セカンドライフを見据え、終の棲家を意識することが大切だろう。 機能性や実用性を重視し、自分たちにジャストサイズな空間でシンプルに暮らすこと。安全と安心を優先し、身体への負担をなくして快適に住まうこと。 これからの人生を豊かにするために、今こそ平屋を検討してみよう。
リビング

平屋の間取りはアイデア次第。実際に動いてみて確かめよう

遠鉄ホームで現在販売中の「ブライトヒルズ浜北中瀬」No.45は、平屋の構造を生かし、建物をH型にした全室二面採光の明るい住まい。
廊下をなくし、ゆとりのLDKから二つの洋室へ直接出入りできるようになっている。
ダイニングの上部に小屋裏収納を設け、パントリーや主寝室のウォークイン・クローゼットなど収納スペースを十分に確保した。 スムーズな家事動線はもとより、洗面室のリネン・コートや玄関の開閉式イスなどアイデア満載だ。キッチンにIHクッキングヒーターと食器洗い乾燥機を標準装備したオール電化仕様で、長期優良住宅となっている。
外構
見学可能!58坪の敷地に設計・施工した遠鉄ホームの平屋住宅
2LDK
+小屋裏収納 +ウォークインクローゼット
土地面積/193.87㎡(58.64坪) 建物面積/80.73㎡(24.42坪)
  1. 土間を広くとり、スムーズに行き来できる広々とした玄関。
  2. キッチンには、生活雑貨や食品の収納など、使い勝手の良いパントリーをご用意しました。
  3. LDには、学習コーナーとしても使えるカウンターを設置。親の目が届きやすいため、勉強もはかどります。
  4. 生活スペースはそのままに、収納スペースをアップさせる小屋裏収納。
  5. 洗面とキッチンを一直線につないだ、家事ラク動線。洗濯物を庭へ干す、居室へしまうがすべて1階で完結できるので毎日の家事の負担が軽減できます。