子どもの成長を和やかに見守れる 理想の暮らしを分譲住宅で実現

浜松市 N様邸

分譲住宅

ご家族のご紹介

閑静な住宅街の一角に佇む、クリーム色の四角いお家。室内は明るさとお子様の元気な笑い声に満ちています。お子様のすこやかな成長を願って始めたマイホーム探し。いろんな物件を検討した結果、建売分譲住宅の購入に踏み切ったというNさんご一家のご新居を訪ねました。
 
  • 家族構成(取材当時)…ご主人、奥様、ご長男
  • 取材日…2022年8月

中古物件探しから始まり、出会った理想の分譲住宅

お家を購入することにした経緯を教えてください。

以前はアパートに住んでいたのですが、子どもが成長するにつれて音が気になったり物が増えてきたりして、一軒家に住みたいと思うようになりました。最初は中古住宅を探していて、系列の遠鉄不動産さんへ相談に行ったのですが、なかなかピンとくる物件が見つからなくて…。そのときに遠鉄の不動産さんから「新築の分譲住宅も検討してみてはいかがですか?」と、遠鉄ホームさんを紹介していただきました。そして、遠鉄ホームさんでモデルハウスや分譲住宅を何軒か見せていただいた中で、一番気に入ったこの分譲住宅を購入することにしました。

注文住宅も検討されましたか?

遠鉄ホームの営業担当者さんと注文住宅の話もしていたのですが、土地を購入して1から家を建てる場合、例えばセミオーダータイプのブライトSシリーズだと、建物自体は分譲住宅の内容と大きく変わらないけれど、値段が200〜300万円ほど上がるそうです。さらに、フルオーダーの注文住宅となると、費用はさらにかかりますよね。そのため、この分譲住宅を大工工事が始まる前の段階で購入し、変更可能な箇所を変更するのが一番お得で賢い買い物ではないかと考えて、購入を決断しました。

早めの決断で大成功!「建つ前の建売」が狙い目な理由

では、お二人はこの分譲住宅が建つ前に購入を決められたんですね。

そうです。契約したときにはまだ基礎工事の段階で、営業担当者さんが「今なら内装や外観を変更できますよ」と言ってくれたので、1階のクロスを変えたり、2階のフリースペースに洋服をかけるためのパイプや扉をつけて納戸にしたりと、自分たちの好みや暮らしに合わせてカスタマイズしました。フリースペースを納戸にするアイデアは、営業担当者さんが提案してくれたのをそのまま採用したんですよ。収納は多めに欲しいと思っていたので、良い提案をしてもらえてとても助かりました。シーズンオフの衣類や普段使わないものはすべてそこに収納しています。

早めの決断が功を奏したということですね。建てていない状態で家を買うことに、不安はありませんでした?

もちろん全くなかったわけではありませんが、モデルハウスを見学して大体の雰囲気はつかめたので、安心感がありましたね。また、最近はインターネットに物件情報が掲載されても、すぐに「交渉中」になってしまうことが多いことから、他をゆっくり見ているうちにここを逃してしまったら嫌だなと思って、思い切って契約しました。実際に入居してみたらほぼイメージ通りだったので、早めに決めて良かったです。

資金計画について何かアドバイスはありましたか?

営業担当者さんから資金計画の大まかなイメージを聞いて、実際にいくつかの銀行にコンタクトを取っていただきました。その後それぞれの銀行から連絡があり、条件などの話をお聞きしてどこにするか決めた感じです。住宅ローンのことなど最初は全くわからなかったので、遠鉄ホームさんに銀行との橋渡しをしていただいて、とても助かりました。

コスパだけじゃない。暮らしてわかる分譲住宅の実力

実際に暮らしてみて気に入っているところは?

子どもが活発になってきたので、リビングとキッズスペースの仕切り戸を開け放って、広々とした空間を走り回れるようになったのはすごく良かったですね。アパートのときは下の階に音が響くからと、なかなか使えていなかった乗り物のおもちゃも、今は乗り放題です。でも、キッズスペースとリビングを仕切って使えるので、リビングに子どものおもちゃが散らからず、いつもすっきりとしていることには感動します(笑)。今おもちゃを置いている部屋は、子どもが大きくなったら書斎にでもしようかなと思っています。歳をとったら階段の登り下りが大変になってくると思うので、寝室にしたり、物置にしたりするのもアリかもしれませんね。活用方法がいろいろあって、末永く暮らしやすい間取りなのが嬉しいです。
また、私たちが1日のほとんどを過ごしているリビングのアクセントクロスは、グレーをチョイスしました。シンプルでモダンな雰囲気が好きで、家具とも相性がいいので気に入っています。カーテンは遠鉄ホームさんから教えていただいたお店で選びました。

暮らしやすさについてはいかがですか?

うちの玄関の扉には、普通の鍵とタッチキーの両方がついていて、それがとても重宝しています。子どもを連れて買い物に行った帰りは両手が塞がっていることが多いので、手を触れるだけで鍵が開くのはめちゃめちゃ便利です(笑)。
家の中に入るとLDKに通じるドアが2つあって、最初は「なんでだろう?」と思っていたのですが、実際に暮らしてみると、帰宅したときは洗面所に近いほうのドアから入って先に手を洗えるし、逆にリビングから出るときはもう一方のドアから出るようにしたりと、使い分けることができるので実用的だなと思います。

お洗濯のときは、1階の洗濯機で洗った後、2階で干したお洋服をハンガーにかけたままウォークインクローゼットに収納できるので、無駄な動きがなくてとてもラクですね。おかげで、たたまなければいけないのは、タオルと靴下くらいで済んでいます。共働きの私たちにとって、こうした細かい部分で家事ラクができるのはとってもありがたいです。

周辺環境はどうですか?

駅からほど近いのに、静かですごくいい環境です。駅が近いと、子どもが高校生になったときの通学も便利でしょうから安心ですね。ショッピングモールも徒歩圏内で、利便性が高いうえに、目の前の道が通学路になっているので安全なところも嬉しいです。

私たち家族の幸せを心から考えてくれる会社に出会えた

遠鉄ホームで家を買って良かったと思うのはどんなところですか?

内装をカスタムするときも親身に相談に乗ってもらえて、とても助かりました。いろいろいただいたアドバイスの中には「それは当社でやらせていただくよりも、ご自身でホームセンターなどで購入したほうが安く済みますよ」といった、遠鉄ホームさんにとっては利益にならないようなものもあって、余計に信頼を感じましたね。そもそも、注文住宅と迷っているときにも、「N様にとってはこの分譲住宅のほうがおすすめですよ」と率直な意見を聞かせてくれましたし、終始私たちのことを心から考えてくれている感じがして、とても心地よかったです。
注文で家を建てた同僚に、建売だけどいろいろカスタムができて良かったという話をしたら、「そんなこともできるんだね」と驚いていました。
先日行った1ヶ月点検のときも、指摘した点を無償でいろいろ直してもらえて、至れり尽くせりなところが本当にありがたいです。

これからマイホームを建てる方へ

私たち自身、最初は「分譲住宅は融通が効かない」というイメージを持っていたのですが、相談してみると思っていた以上に柔軟に対応してもらえて、分譲住宅に対するイメージが大きく覆されました。気に入った家を手頃な価格で購入し、気になるところだけピンポイントで修正するというベストな形でのマイホームが実現したと思います。
建物が完成した後からでも改造することはできるみたいだし、家を購入してもその後いろんなところでお金がかかってくると思うので、デザインや性能などに強いこだわりなどがない場合は、分譲住宅という選択肢も全然アリなんじゃないでしょうか。
また、遠鉄ホームさんは可能な限り望みに向き合ってくれる会社なので、分譲住宅を選ぶ際にも気になることはなんでも相談してみるといいと思います。

それと、実際に新居で生活してみると、コンセントが意外といろんなところに欲しくなってくるので、多めに設置するのがおすすめです。分譲住宅でも工事前の契約なら、コンセントの位置や数などを変更できるみたいなので、検討の際には担当者さんに詳しく聞いてみてください。

こんなお客様の声も届いています