“住まい+街”視点で家選び

袋井市 M様邸

分譲住宅

ご家族のご紹介

新型コロナの影響が長引く中、お子さんたちが広い部屋でのびのびと過ごしている姿に、新居に引っ越して正解だったと語るM様。コロナ禍が落ち着いたら 大人も子どもも集まれる家にするのが夢だそうです。
 
  • 家族構成(取材当時)…ご夫婦とお子様2人
  • 取材日…2021年3月

ママ友から住み心地を聞いて「堀越の丘」に注目

新居の購入を考え始めたきっかけは?

もともとは主人の実家に住んでいたのですが、子どもの成長に連れていろいろと手狭になってきたこともあり、上の子が小学校に上がるまでには子ども部屋が用意できる新居に引っ越したいと思うようになりました。

どうしてこの家に注目したのですか?

遠鉄ホームの分譲地「堀越の丘」については、実際に住んでいるママ友から良い評判を聞いて気になっていたんです。そこでまずモデルハウスを見学したところ、自分たちが住んでいる姿を想像できて、家探しが一気に現実的になりました。
実は同じころに近所の住宅展示場にも足を運んでいたのですが、そちらのモデルハウスは豪華すぎて、いまいちピンとこなかったんです。その点、遠鉄ホームのモデルハウスは等身大で、リアルな将来像を実感できるのが良かったですね。
また、もともと分譲地に住むのが憧れだったということもありました。その中でも特に堀越の丘は道に余裕があり、隣家との間隔も広め。高台であることもあいまって、気持ちよく暮らせそうだと思いました。

他の住宅メーカーは検討しましたか?

住宅展示場へモデルハウス見学に行きましたが現実味がなく、その一方で遠鉄ホームのモデルハウスは等身大サイズで家作りのイメージがしやすかったのが好印象でした。ネットでも近隣の物件を探してみたのですが、立地や間取りに納得のいく住まいに巡り会えず。遠鉄ホームの家事動線の良い間取りと整備された分譲地に心引かれました。

住まいの魅力と街の魅力、双方が決め手に

遠鉄ホームを選んだ理由は?

明確にこれ、という理由を挙げるのは難しいですが、「堀越の丘」に住みたいという気持ちに変わりがなかったことが一番の理由でしょうか。掛川住宅プラザを訪ねた後に「堀越の丘」の分譲住宅を何件か見せてもらったのですが、その時点でほとんど心は決まっていたと思います。また長期優良住宅であることや、アフターメンテナンスの面でも遠鉄ホームは地元に腰を据えていて、社内にリフォーム部門もあるので、困ったらすぐに対応してくれるという安心感があったことも大きかったです。

最初から分譲住宅を探していたんですか?

当初は特にこだわりなく、注文住宅も選択肢に入れていました。ただ、子どもたちがわんぱく盛りなものですから、面倒を見ながら家づくりをするのはかなり大変そうで、自分たちにできるだろうかという不安はありましたね。遠鉄ホームと出会ってからは、分譲住宅でも十分魅力的な住まいがあることがわかったので、すぐに住める分譲住宅に心が傾いていきました。

この家を選んだ決め手は?

まず感じたのは、庭が広い家だなということ。これは子どもたちにとっても大きな魅力です。続いて家に入ってからは、収納の多さが印象的でしたね。そして何より、家事動線がよく考えられている点。そういったいろいろな要素で遠鉄ホームの家はよく考慮されていると感じて、心が決まりました。

暮らして初めてわかる、想像以上の良さ

引っ越してみていかがですか?

寒い時期の引っ越しだったので、最初は家の中の暖かさに驚きました。日当たりも、見学したときにはこれほど良いとは気づかなかったので、うれしい誤算でしたね。間取りについてはかなりこだわって精査したつもりでしたが、実際に住んでみて、さらにその良さを実感しています。例えば家に帰ってきたとき、ファミリークロークで着替え&荷物を置いて、洗面所で手洗いうがいをする流れができ、帰宅後の行程がスムーズになりました。言葉にすると地味ですが、毎日のことなので大いに助かっています。
今はコロナ禍で自由な往来はできませんが、子どもたちが友達を家に呼べるようになったのも実家時代との大きな違いですね。分譲地ということもあって、近所の同じ年頃の子どもたちが公園で遊んでいる姿を見るのも、大人としては安心です。

家選びを振り返って、良かったと思うことは?

いろいろとありますが、やはり事前に情報を集めたことでしょうか。「自分たちの住みたい家」をピックアップして、こだわりたいポイントを明確にしたんです。私たちがこだわりたいと思ったのは、家事動線、日当たり、風通し、ファミリークローゼット、そして部屋干しスペースがあること。一方、和室はあればいいけど絶対ではないなど、自分たちが求める条件を自分たち自身に分かりやすくすることで、建物を選びやすくしたんです。だから、家探しを始めてから3カ月ほどで、思いの外すんなり家を決めることができたんだと思います。条件があったからこそ、あまり悩まずに済んだということでしょうね。

これから、この住まいをどのように楽しんでいきたいですか?

とりあえず庭が手付かずなので、DIYで楽しみながら手を入れていきたいです。夏までには芝を植えて、BBQや子どもプール、ミニサッカーを楽しめるようにできたらと思っています。実は芝に関しては少し後悔があって、住宅ローンに含めて工事をしてもらったほうが良かったかなと……。これから家を建てる人は、ぜひ住み始める前に外構や庭周りをどうすればお得か考えてみることをおすすめします。

家選びには、建物だけではなく、“街”という観点も必要

これから住まいづくりをする方へ

地元の信頼できる会社を選びましょう。地元に根付いた住宅メーカーが良いのは、土地のことをよく知っているからです。特に遠鉄ホームは規模が大きいため、街づくりという視点を持っています、暮らしやすさは、家のつくりや性能だけでなく、交通の便や周辺環境にも大きく左右されます。建物だけに注目するのではなく、“街”という観点も持って住まい探しをしてください。

こんなお客様の声も届いています