古いしきたりから解放され、プライベートが充実する暮らし

袋井市 M様邸

注文住宅

ご家族のご紹介

「可睡の杜」に暮らして18年になるご夫婦。お子様の成長も独立も「可睡の杜」で経験してきました。今はご夫婦お二人で過ごす時間が増え、新たな「可睡の杜」の魅力を実感しています。長く住んでいるからわかる「可睡の杜」の良さを語っていただきました。
 
  • 家族構成(取材当時)…ご夫婦
  • 取材日…2020年9月

災害の心配が少なく、住みやすい街を求めて

住まいを「可睡の杜」に決めた理由を教えてください

18年ほど前になりますが、夫婦それぞれの実家が森町と旧浅羽町だったため、その中間で新居を探していました。初めは袋井市内の堀越や久能などバイパスや高速道路よりも南で探していましたが、地盤の良い所、水害の心配のない所がなかなか見つかりませんでした。良いなと思った場所もあったのですが、自治会やお祭りなどの地域活動が熱心で、新参者は大変な思いをすることで有名な場所だったり……。そこで、堀越や久能からもう少し北の方に目を向けて探すうち、「可睡の杜」にたどり着いたのです。「可睡の杜」であれば災害の心配が少ないですし、お祭りをはじめとした昔からの地域活動の負担も軽いので私たちの希望どおりでした。

「可睡の杜」にお祭りがないというのは本当でしょうか

お祭りはありません。夫婦の実家がそれぞれお祭りの盛んな地域なので、お祭りの楽しさだけでなく大変さもよく分かっていました。特にお祭りの役員の番が回ってくると、何をおいてもお祭り優先になってしまい、仕事やプライベートに影響が出てしまいます。お祭りがないということは、私たちが「可睡の杜」を選んだ大きな理由でした。「可睡の杜」は私たちと似たような考えの方が多く住んでいるので、近所付き合いのしやすさを実感しています。
一方でお祭りの楽しさもよく分かります。特に子どもにとっては夏の思い出です。「可睡の杜」に住んでいても、お祭りに出たい子は同じ小学校区の別の地域のお祭りに参加しています。学校で仲のいい友達に合わせて選んでいるようです。
ちなみに「可睡の杜」でも、強制参加ではありませんが自治会の活動としてお餅つきや運動会などがあります。もちろん防災訓練も実施しています。ですから、地域のつながりが希薄というわけではないと思います。

娘夫婦も「可睡の杜」に。受け継がれる街の魅力

子育てを終えた今、「可睡の杜」の子育て環境を振り返ると?

子育て環境にはとても良い場所だったと思います。「可睡の杜」は防犯意識や安全意識の高い方が多いので、安心して子育てができますね。小学校の通学路には登下校時に自治会の方が旗振りで交差点に立ってくれます。これから子育てする方にもお勧めできる街です。
実際、私たちの娘夫婦もつい最近「可睡の杜」に新居を構えました。初めは「可睡の杜」に新居を検討していると聞いてびっくりしましたが、同時に安心もしました。私たちがそうだったように、娘も他では得られない「可睡の杜」ならではのメリットを感じているのだと思います。

今、「可睡の杜」を検討している方へ

自分自身経験してみて、あらためて「可睡の杜」は今どきの子育て世帯にあった暮らしができる場所だと思いました。私もそうですが夫婦共働きなので、地域によってはお祭りや自治会活動があると、どうしても負担になってしまいがちです。しかし「可睡の杜」は古いしきたりなどがないので、その分休日はプライベートを充実させたり、子どもの習い事に集中したりすることができます。
私たちのように「可睡の杜」に暮らして20年近くたったとき、皆さんもきっとここを選んでよかったと実感されるのではないでしょうか。

こんなお客様の声も届いています