皆で夢を分かちあった住まい

浜松市 F様邸

注文住宅

ご家族のご紹介

お互いの趣味を尊重しながら家づくりを進めていったというF様夫妻。ご主人の書斎は、住まいのあちこちにも点在しているリラックマに埋め尽くされているそう。仕事の関係でなかなかお休みが合わないというご夫婦を代表して、当日は奥様にインタビューさせていただきました。
 
  • 家族構成(取材当時)…ご夫婦
  • 取材日…2018年10月

大手ハウスメーカーを中心に家づくりを開始

この家を建てようと思ったきっかけ

以前は、賃貸でしたが2LDKの一戸建てに暮らしており、住まいに関する不満はあまりありませんでした。でも将来はマイホームが欲しかったので、いつかは家を建てたいね、と主人とも話していたんです。そんなある日、祖母の持っている土地に家を建てたら?という話が持ち上がりました。そこで計算してみたところ、現在の家賃とローンの支払額がそれほど変わらないことに気付いたんです。そうなると、このまま賃貸に住んでいてもムダかな、という気持ちが芽生えてきて、まず名前がすぐに思い浮かぶような大手ハウスメーカーを中心に、住まいづくりを相談してみることにしました。

ハウスメーカーはどのように選びましたか

それまで、家づくりについてはあまり真剣に考えたことがなかったのですが、ある程度具体的に家づくりの相談をしていると、だんだん相場観や住宅の品質・性能といったものがわかってきます。それと同時に自分たちが建てたい家のイメージもできてきて、かなえたい間取りや建物の雰囲気、インテリアのディテールなどが具体的になってきました。
そのころ憧れていたのは、清潔感のあるホワイト基調でありながら温かみのある、南欧風の住まいでした。寝室などプライベートな空間は2階に集めて、1階は広めのリビング、もちろん日当たりのいい明るい住まい。そんなイメージです。
そこで次のステップは、自分たちの希望に沿った家づくりをしてくれるハウスメーカーを選ぶこと──はずだったのですが、そこで大きな問題が発生してしまいました。いろいろあって、当てにしていた土地に家を建てられなくなってしまったんです。

インスタを駆使して、夢を共有

遠鉄ホームを選んだ理由

前提条件が変わってしまい、黄信号が灯ってしまったわが家のマイホームプラン。土地探しからやり直すことになって、大きくブレーキがかかりそうだったのですが、そこへ伯父が助け船を出してくれました。それがこの土地との出会いだったんです。もともとこの伯父は、どうせ家を建てるならもっと日当たりのいい土地を探したら、と助言をしてくれていました。それで、それとなく良さそうな土地を探してくれていたそうなんです。伯父自身もこの近所に住んでいるので、周辺環境に対する不安はありません。そこでまずこの土地の購入を決め、住まいづくりの再スタートを切ることに決めました。
ですから、遠鉄ホームを選んだ理由を率直に語れば、この土地が遠鉄ホームの条件付き土地だったから、ということになります。それまで遠鉄ホームは選択肢になかったので、最初は少々不安を感じていたのも事実でした。先ほどお話しした通り、私たちの中には、既にある程度具体的な住まいのプランが固まっていました。モデルハウスもいくつか見せてもらいましたが、私の憧れていた南欧風の建物はなくて、しかも主力商品の「新ブライト」はある程度プランが決まっているといいます。果して遠鉄ホームは私たちがイメージしている家を造ってくれるだろうかという、素朴な疑問があったんです。それで、その不安を率直に営業さんに伝えたところ、ベースプランは確かに決まっているけれど、かなり自由にカスタムができること、そしてモデルハウスはないけれど、南欧風のスタイルにも対応できるということを丁寧に説明してくれました。いただいたカタログには、「プロヴァンススタイル」という素敵な南欧風の建物が掲載されており、私たちの憧れにピッタリです。それで安心して、遠鉄ホームに家づくりをお任せすることにしたんです。

家づくりで印象に残った思い出は?

私たちのイメージを共有してもらうために、とにかく具体的な資料を使って打合せしたことを覚えています。特に役立ったのがインスタグラム。外観もインテリアも、似たようなイメージをどんどん検索できるので、気にいった画像をストックして設計士さんやインテリアコーディネーターさんに見ていただいていました。多いときは週1くらいのペースで打合せしてもらっていたので結構負担をかけてしまったと思いますが、営業さんがスケジュールをやりくりしてくれて、楽しみながらプランニングを進めることができました。おかげで、シャンデリアや間接照明、クロスの風合いなど、こだわりたかったポイントはほとんど理想通りに仕上がっています。ひとつだけ心残りだったのが、ウォークインクローゼットの入口をアーチ壁にできなかったこと。通常の作りでは施工が難しいということで諦めたのですが、代わりにリビングや玄関にニッチを提案してくれて、憧れだったフレンチカントリーの雰囲気を持たせることができ、結果的には満足しています。
まだ引っ越してそれほど日がたっていないので、現在は休日も家にいることが多く、インテリアづくりを楽しんだりしています。主人も、以前のアパートと違って自分だけの書斎ができたので、ドップリと自分の趣味に浸っていますね(笑)。庭いじりとか、この家でやりたいことはまだたくさんありますし、ゆくゆく子どもができればきっと子ども中心の住まいになっていくでしょうから、それまでは「夫婦の趣味の住まい」を楽しみたいと思っています。

これから家づくりをする人へ

せっかく家づくりをするのだから、夢は大きく持ちたいし、かなえたい。そこでまず自分がやりたいことを集めて、その中から実現できるものを探していくのが私たちの住まいづくりでした。振り返ってみても大変な作業でしたが、だからこそいい家ができたと自負しています。今はインターネットがあるので、昔に比べるとアイデアを探すのも、理想のイメージを設計士さんや現場監督さんと共有するのも、とてもやりやすくなったと思います。そこでボタンの掛け違いがあるとストレスやトラブルの元になってしまうのかもしれませんが、わが家ではそういうこともなく、エネルギーは使いましたが、とても楽しい家づくりができました。ぜひ皆さんも、イメージづくりとそれを相手に伝えるという点には労力を惜しまず、悔いなく楽しい住まいづくりをしていただけたらと思います。

こんなお客様の声も届いています