閉じる カテゴリーを表示する

よい動線計画とは?

注文住宅のプランニングでは、部屋・空間の広さや使い道を決め、それぞれを大まかに配置する「ゾーニング」の後、「動線計画」を立てます。

主な動線

動線はゾーンからゾーンへと人が動く線です。主な動線には、次のようなものがあります。
・通勤・通学動線(個室とリビング・ダイニング、個室と玄関、リビングと玄関などを結ぶ動線)
・家事動線(料理・洗濯・掃除などを行うときの動線)
・衛生動線(トイレや洗面室、浴室に行くときの動線)
・来客動線(来客が移動する動線)

 

動線はできるだけ短く

動線について検討するときにも、ゾーニングの際と同様にご家族の暮らしをできるだけ具体的に思い浮かべることが大切です。
暮らしやすい間取りを目指すなら、動線をなるべく短くするべきです。
特に、人の動きが多い家事動線や、1日に何度も行き来する衛生動線は短い方がよいとされています。

 

動線と動線は同時間帯に交差しないのが理想

それぞれの動線はできるだけ同時間帯に交差しないようにするのが理想です。
例えば、朝の慌ただしい時間帯に料理や洗濯をするための動線と、身支度や通勤・通学のために移動する動線が混み合っていると、家族がストレスを感じる恐れがあります。
また、ゾーンとゾーンを結ぶ動線が玄関を経由する間取りには、注意が必要です。例えば、リビングや個室とトイレや浴室に行くとき、玄関を通らなければならない間取りは、来客が多いご家族の場合は不便かもしれません。
 

時間とコミュニケーションを生む動線

ご家族の暮らしを見つめた上でよく練られた動線は、家事や暮らしを効率的にしてくれるだけではありません。家事を効率化して家族が集う時間を生み出したり、家族をパブリックゾーンへといざなうことでコミュニケーションを促したりしてくれます。
ぜひ、ご家族で動線について意見を合いながら間取りのシミュレーションをしてみてください。
 

こんな記事も読まれています