【ママライターレポート特別編】女性設計士・千賀菜央さんにインタビュー!

前編
みなさんは《分譲住宅》と聞くと、どんな家をイメージしますか?

「コスパ重視で、シンプルなつくり?」 「どの家もだいたい同じような間取りじゃない?」

私はそんなふうに思っていました。

ところがところが!
ベイリーフ新居に先日完成した新築分譲住宅3邸を見学させてもらってビックリ!

「一つ一つが、こんなに個性的なんですか!?」

今回は【ママライターレポート特別編】。
ベイリーフ新居の分譲住宅を設計した女性設計士・千賀菜央さんに、それぞれのおうちに込めた想いのあれこれを聞いてきました!
分譲住宅のイメージが、すっかり変わっちゃいました。
今回、お話を伺った設計士・千賀さん。
女性ならではの細やかな家事動線づくりや、アクセントクロスなどのセンスの光る色づかいが得意。
笑顔がステキ!

一邸一邸に個性を!この中で気に入ってもらえるものがあればうれしい

——千賀さんが設計された3つのおうちを見学させてもらいました。
外観が似ているので、間取りも同じような感じかなぁ…と思いきや、中に入ってみると、3つそれぞれがまったく違う雰囲気でビックリでした!!

「分譲住宅の設計をするときには、まずはその家の〈テーマ〉を決めて、それに沿って設計をしていきます。今回の3邸は、
今流行りのアメリカンな外観》《ベビーカーやお子さんのスポーツ用品、趣味のものなどが収納できる広めのシューズクローク》《玄関を上がってまずは洗面所で手洗い。それからリビングに入る動線づくり》などを共通のテーマにしました」
「でも、外観が似ていて、中もまったく同じではつまらないので、一邸一邸に個性をもたせるようにしています。
お客様の生活スタイルも好みもそれぞれなので、この中で気に入ってもらえるものがあればうれしいな!そう思いながら設計しました」

——自分の家族の暮らしを想像しながら「どのおうちが合っているかな~」と考えるのは、本当にわくわくでした!

見どころ①ママが気になるキッチン。じつは使い勝手抜群なあのタイプ?

——主婦としてはやはり、キッチンのつくりは気になるところです

「それぞれLDKの形が違うので、それを活かした空間づくりをしています。
[16-8]と[16-6]は、ママがキッチンからご家族を見渡せるつくりに。
[16-7]と[16-6]は、キッチンから洗面所に直接行ける家事動線づくりも意識しました」
——気になったのが[16-7]のキッチン。最近ではめずらしいタイプのような気がします

「そうですね。L字型のキッチンは最近少ないのですが、じつは空間を広く使うことができるので、作業スペースが大きくとれるんです。
でも、デメリットはキッチンが見えすぎてしまうことですよね。
そこで、カウンタータイプの壁を立てることによって、目隠しもできて、使い勝手もよくしています」

——確かに広い!食事の支度がはかどりそうですね

ご覧のブラウザでは当ウェブサイトを適切に表示できない可能性があります。恐れ入りますが、最新のGoogle Chromeでご覧ください。

Google Chromeからご覧になる場合には、ここをクリックしてください。