遠鉄ホームのゼロ・エネルギー・ハウス

地球にやさしい家は、家族にもっとやさしい
ゼロエネ生活、はじめよう 

~遠鉄ホームは「認定ZEHビルダー」です~
ゼロ・エネルギー・ハウス。通称「ZEH(ゼッチ)」。
使うエネルギーと創るエネルギーの収支が概ねゼロ以下になるゼロ・エネルギー・ハウスは、これまでは一部のごく限られた高性能・高価格な住宅というイメージがありました。しかし、政府により新築住宅の「ZEH」化が方針として定められ、また建物性能の大幅な進歩によって、ゼロ・エネルギー・ハウスがこれからの住まいのスタンダードになりつつあります。
地球環境への高い配慮や経済的な長所はもちろん、日々の暮らしやすさのメリットも大きいゼロ・エネルギー・ハウス。
その魅力をもう一度おさらいしてみましょう。

ゼロ・エネルギー・ハウスってどんな家?

エネルギー消費が概ねゼロ以下で、地球にも家計にもやさしい、快適な住まい
※冷暖房設備、換気設備、照明設備、給湯設備のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出。

エネルギーを自給自足できる次世代ハウス

ゼロ・エネルギー・ハウスは、その名の通り、使うエネルギーと作るエネルギーの収支が概ねゼロ以下になるため、自分で創り出すエネルギーだけで暮らすことが可能な、外部からのエネルギーを必要としない住まいです。そのための重要なキーワードが、「省エネ」「断熱」そして「創エネ」の3つ。断熱・省エネ性能に優れているから消費エネルギーを抑えられ、自宅で創れるエネルギーだけで自給自足できる。そんなスマートな住宅が「ゼロ・エネルギー・ハウス」なのです。

政府がゼロ・エネルギー・ハウスの標準化を推進

環境問題やエネルギー問題の解決への取り組みの一環として、政府は「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、【2020年までに、標準的な新築住宅(=新築住宅の過半数)でZEHを実現、2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現する】という目標を定めました。このような明確な目標の下、ゼロ・エネルギー・ハウスは住まいのスタンダードとなりつつあるのです。

どんなメリットがあるの?

住まいを高断熱・高気密構造にすることにより、エネルギーのロスを抑え、冷暖房費が削減できます。さらに、屋内の温度が均一になるので、暑さ、寒さに悩まされない快適な空間が得られます。ヒートショック対策など、健康にやさしいのも大きなメリットです。
高効率な空調や給湯器を設置するので、エネルギーのロスが抑えられ、CO2削減はもちろん、光熱費も削減できます。HEMSを導入することにより、使うエネルギーを「見える化」できるのもメリットです。
太陽光発電など再生可能エネルギーシステムの搭載でエネルギーを創り出し、余剰電気を電力会社に売って収入を得ることができます。蓄電池の採用で、災害などによる停電時にも電気が使えるのも魅力です。

ZEHの真価は「暮らしやすさ」にあり

ゼロエネルギーと聞くとお財布へのやさしさが真っ先に思い浮かんでしまいますが、ゼロ・エネルギー・ハウスの最大の価値は建物性能の高さにあります。ゼロ・エネルギー・ハウスの要件は、先に触れたように「使うエネルギー」と「創るエネルギー」がプラスマイナスゼロ以下ということ。家庭用の限られた創エネ装置でそれを実現するためには、建物自体がかなり高い断熱性能を持っている必要があります。高断熱住宅が、一年を通して快適で暮らしやすい家というのは周知の事実。ゼロ・エネルギー・ハウスの基準をクリアした家は、エネルギー効率以前に、もれなく快適な住まいなのです。

でも、費用が高いのでは?

ゼロ・エネルギー・ハウスは、もうすでに身近な存在です

ゼロ・エネルギー・ハウスを定義する3つの技術、すなわち「省エネ」「断熱」「創エネ」は、いずれも近年大きな進歩が見られた分野です。遠鉄ホームのフルオーダー注文住宅「ブライト」はもちろん、注文住宅のラインナップの中ではお求めやすい価格帯の「ブライト-S」でも、ゼロ・エネルギー・ハウスに求められる建物性能をクリアする基本性能を有し、太陽光発電システム搭載することでエネルギーの自給自足を実現できます。
さらに、光熱費など日々のランニングコストを大きく抑えられるので、住まいにかかる実質的な費用はさらにダウン。長期的な視点で見れば、決して高価な住まいではないのです。具体的なシミュレーションで比較することもできますので、ぜひ遠鉄ホームにご相談ください。

遠鉄ホームは「認定ZEHビルダー」

私たちの暮らしと地球環境の未来に直結するエネルギー問題の解決に向けて、ゼロ・エネルギー・ハウスは大きな可能性を秘めています。日本でも国の政策としてゼロ・エネルギー・ハウスの建築が推進されており、「2020年にはZEHをスタンダードにする」という明確な目標の下で、官民一体となった取り組みが進んでいます。
遠鉄ホームも地域の暮らしに関わる企業の一員としてゼロ・エネルギー・ハウスの開発・建築に取り組み、いち早く国の「ZEHビルダー」の認証を取得。2020年度の普及目標50%を目指して、着実に実績を積み重ねています。
エネルギー庁では、自社が受注する住宅のうち、ゼロ・エネルギー・ハウスが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言・公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を「ZEHビルダー」として公募、登録し、屋号・目標値等の公表を行っています。

遠鉄ホームのZEH普及目標と実績

※ZEHとは住宅の年間一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅のこと
※ZEH普及目標及び実績は、Nearly ZEHを含む割合です。

全国屈指の日照時間! 静岡県西部はZEHに最適

静岡県西部は全国有数の日照に恵まれていることもあり、ランニングコストもかなりお得になります。ゼロ・エネルギー・ハウスはもう遠い存在ではありません。これから住宅をご検討されるのであれば、ゼロ・エネルギー・ハウスを選択肢に入れることをおすすめします。ぜひ遠鉄ホームにご相談ください。

全国日照時間ランキング

※政府統計「統計でみる都道府県のすがた2017」より

市町村別日照時間ランキング

※気象庁「過去の気象データ・ダウンロード」より