3大収納

豊かな収納で美しく暮らす家に。
~日々が整う3つの収納~
ウォークインクローゼット、シューズクローク、リネンコートの3つの収納を備えます。毎日使うものから出番の少ない季節用品まで機能的に収納でき、容量も十分設けることにより、日々の暮らしのスペースを美しくキープできる設計です。

的確な収納

ウォークインクローゼット

メインベッドルームに連動、もしくは隣接する位置に、ウォークインクローゼットを設けます。ご家族の衣類をはじめ、バッグやアクセサリーなど全てのアイテムをまとめて一カ所に揃えられるので、コーディネートもしやすくなります。
他にも、使用時期が限られる季節物も収納できるゆとりのスペースです。身支度を整えるパウダールームとして兼用したり、スーツケースなどの旅行用品を収納したりと、ライフスタイルや持ち物に応じて活用していただけます。
こんなお困りごとを想定して
身につけるアイテムが各所に分散してしまうと、片付けたり探したりする手間がかかってしまいます。それから季節の変わり目の衣替えを面倒に思う方も多いのではないでしょうか。お仕事や家事・育児に忙しい方にとって、収納にかかる時間や手間は出来るだけ省きたいですね。

シューズクローク

玄関の土間続きにシューズクロークを設けます。靴のほかにも、傘、帽子、ベビーカーなども置けるため、普段から美しい玄関を保つことができます。お子さんの外遊び用のおもちゃ、部活動の用具など、泥汚れが付いたアイテムの置き場としても重宝します。
こんなお困りごとを想定して
靴箱に入りきらない靴や用具の収納スペースがないと、玄関が物置き場としていつの間にか常態化してしまう…来客時にあわてて片付けなくてもいいように、整理しやすい玄関がいいですね。

リネンコート

洗面脱衣室に、タオルや着替えなどをしまうリネンコートを設けます。洗面や入浴時に使うタオル、肌着、パジャマなどをキャビネットにまとめて収納しておけば、使用時にわざわざ一式持ってくる手間が省けます。脱いだ衣類を入れる洗濯かごもキャビネット下にセットして、視界に入らないように収納すれば、より便利でスマートに。小さなお子さんのお風呂上がりにも、いつも必要なものが揃っていれば着替えが随分楽になります。
こんなお困りごとを想定して
案外忘れがちなのが、洗濯かごを置くスペースです。空間を狭めてしまうだけでなく、生活感を醸し出す存在なので、来客時などは視界に入らないよう工夫が必要です。