2面採風・2面採光

風も、光も、デザインされた家に。
~土地を読み、自然を読む~
土地の個性を最大限に生かすために、光、風などの環境条件をていねいに読みとき、自然の力を巧みに取り入れて設計します。各居室に必ず二面以上の窓を備え、周囲の景観にも配慮し、視線の広がりの演出、外部からの視線の遮断など、形には見えない影響も考慮します。

自然を活用

注ぐ光

夏の太陽は高く、冬の太陽は低いといった季節ごとの日射角度を前提に、土地の向きによる陽当たりの違いも考慮してベストな採光プランを導きます。単に光を取り入れるのではなく、暑過ぎ・まぶし過ぎを軽減し、心地いい光の取り込みをデザインします。

風の道

風は熱や湿気を逃がし、室内の空気を浄化してくれます。自然通風を活かすためには、室内を斜めに横切る「風の道」をつくります。季節によって変わる風の方向や強さを想定し、風の入り口と出口のそれぞれの開口部の方角・大きさ・高低・窓の形状によって「風の道」をデザインします。

2面採光・2面採風

居室には必ず2カ所以上の窓を設けることで、明るさと風の道を確保します。特に風の道は、窓が1カ所しかないと換気がしづらく、窓の代わりに部屋のドアを開けて、他の窓との通風路を作る必要に迫られてしまいます。

土地の特徴

周辺環境

敷地そのものの形状や土壌はもちろんのこと、周囲の地形の起伏や高低、取り巻く自然環境も重要な要素です。周りの建物、樹木、水辺、窓から見えるであろう景色、目には見えない音やにおいにも配慮します。人通りが多い道路からは視線をさえぎり、眺めのいい方向には開口部を大きく取るなど、現地に足を運んで土地を読みときます。
こんなお困りごとを想定して
企画型住宅を並べただけで、土地の個性に合った設計をしていなければ、後々の不具合や不便につながりかねませんね。長くお住まいいただくための設計が大前提でなければなりません。